私の読書の技法

 読書で一番大切なことは、どの本をどのくらいの時間をかけて読むかということです。本は書店にも、家の中にもあふれかえっています。すべての本を読むことはできません。まず、読む本を選択することが大切です。

気になる本を見つける

 書店で見かけたり、広告を見たり、書評を読んだりして、気になる本を見つけます。昔は気になる本を書店で見つけたら、ためらわずに買っていました。次にいつ見つけられるか、わからなかったからです。買わなかった本を再び見つけるのは、非常に手間がかかりました。現在、家の中が本であふれかえっている原因のひとつです。

 現在は、絶版にならない限り、アマゾンで容易に買えます。絶版になっても、古本が手に入りやすくなっています。そのため、すぐに読みたい本だけを買うようになりました。家の中の本の増加を少しでも減らすためです。

 そうはいっても、一刻も早く読みたい本は、可能な限り早い方法で入手します。その日に、その本を売っていそうな書店に寄れる時間があるときは、そこで買います。書店に寄れそうにないときは、すぐにアマゾンで買います。

書店で実物を見る

 広告を見たり、書評で読んだりして気になる本は、iPhoneアプリのMediaMakerに登録しています。大型書店に寄ったときに、登録してある本を探します。ベストセラーでどこの書店にもある本は別ですが、普通は大型書店に行きます。そうでないと、探している本がないことが多いからです。

 本を見つけたら、表紙、裏表紙、帯などを見ます。目次やまえがき、あとがき、場合によっては、中を少し読んでから、買うかどうかを決めています。ここで、読まなくても良い本をふるい落としています。広告や書評で見て気になっても、書店で実物を見て、買わない本が増えてきました。書店で見つからない本は、アマゾンに注文します。

待ち行列に並ぶ

 買ってきた本は、読みたい本の待ち行列に並びます。読みたさにより、行列のどこに割り込むかが決まります。この待ち行列は、頻繁に順序が入れ替わります。1冊本を読み終わると、待ち行列の順序が変わることがしばしばです。ときどき、2冊以上を並行して読むこともあります。

フォトリーディング

 待ち行列の先頭の本からフォトリーディングをします。フォトリーディングの準備と予習は、買う時点で済んでいますが、もう一度行う場合もあります。フォトリーディングを終わったら復習をします。本によっては、この段階でやめる場合があります。

 続けると決めた本は、その本から何を読み取るかを決めます。かける時間も決めます。それから、フォトリーディングの活性化を行います。活性化にかける時間は、本により大きく異なります。速いものは10分程度で終わらせます。時間をかけるものは数時間かけます。

熟読

 本によっては、さらに熟読する場合があります。ただし、本全体を熟読するのではなく、熟読するのは本の一部分になります。

まとめ

 本を買う時点で、読まなくても良い本をはじき飛ばしています。買ってきた本は、待ち行列に並び、順にフォトリーディングします。その中でも、自分にとって重要な本は、何回も熟読することになります。

 そのため、本を何冊読んだと数えることが無意味になっています。今年の正月に、今年の目標を本を200冊読むことと決めましたが、200冊読むことを目指すことに意味がないことに気づき、やめました。大切なのは、自分に必要な情報をいかにして、膨大な本の中から見つけ出すかです。

 フォトリーディングについては、次の本を参考にしてください。

photo credit: tochis via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ