ソーシャルメディアに書いてはいけないこと

スマホを操作

 FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアがらみのトラブルが絶えません。公開する範囲を限定したつもりでも、他の人が一般に公開してしまったり、ソーシャルメディア側の不具合で情報が流出してしまうこともあり得ます。

 ソーシャルメディアでは、次のことは書くべきではないと考えます。

1.秘密事項および仕事に関すること

 仕事は、通常業務上の秘密を伴います。個人事業主で自分の仕事に関する情報は、すべて自分でコントロールしている人は例外になりますが、会社に勤めている人、どこかに雇われている人は、仕事に関することは業務上の秘密であり、公開できないものであると考えるべきです。

 さらに、自分の仕事に関連することも誤解を生む可能性があるならば、差し控えた方が賢明です。実際には、公開しても差し支えない情報はたくさんあるとは思いますが、一般的には、仕事に関する情報は公開しないとしたほうが安全です。

2.他人のこと

 他人に関することもソーシャルメディアでは書くべきではありません。いつ、どこに、誰といたということでも、他の件を断ってそこに来ている場合など、公開されたくない場合があります。

 他の人が写っている写真を投稿したい場合は、必ず本人の了解を得てから行うべきです。タグ付けしていないとしても、見られたくない人に見られる可能性はあります。

3.知られたくない人がいること

 ソーシャルメディアに書けることは、自分のことだけになります。自分のことでも、誰か知られたくない人がいることは、書かない方が安心です。書いた場合には、その知られたくない人に知られてしまうと考えてください。

 ソーシャルメディアに書けることは、誰に知られてもかまわないことだけです。それでなければ、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

 子供にソーシャルメディアをどこまで使わせるか話題になることがありますが、誰に知られてもかまわないことかどうかが判断できないうちは、自由にソーシャルメディアを使わせるべきではないと考えます。

まとめ

 新聞では、Facebookの投稿は友達になっていなければ読めないなどと間違ったことが書かれているのを、最近よく見かけます。Facebookでは、公開している情報は友達になっていなくても読めます。

 ソーシャルメディアを使いはじめたばかりで、よくわからない状態ならば、無用なトラブルに巻き込まれないためには、ここに書いた「秘密事項および仕事に関すること」「他人のこと」「知られたくない人がいること」は、書かないようにすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ