SNS関連の事件を防ぐための提言

 SNSがからむ事件が後を絶ちません。多くは、自分の発言が、ごく親しい人だけが閲覧できるものだと思い込み、不適切な発言をしてしまったことから発生しています。また、匿名だから大丈夫だと考えて、問題を起こす場合もあります。

 TwitterもFacebookもブログも、原則、世界中の人から見られます。特定の人以外は見られないようにする設定もありますが、それも破られない保証はありません。

 匿名でSNSを使っていても、書いてある内容から個人を特定できることは、珍しくありません。いろいろと調べ上げて、事件を起こそうと待ち構えている人たちもいます。違法行為を行い警察が捜査に乗り出すと、多くの場合、個人の特定は容易です。警察が捜査に手間取るのは、専門家が周到に準備した場合に限ります。

1.SNSでの発言は、原則、誰からでも見られます
2.匿名でも個人を特定できます

 この2つを、SNSを使っている人全員に知ってもらうことが、SNS関連の事件を減らすことになります。誰かに読まれて困ることは、SNSには投稿しないことです。機会があるごとに、SNSの常識として広めていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ