ソーシャルメディアの使い方

スマホ

 Facebook、Twitter、LINEについて、その使い方についてまとめてみます。

1.人との交流

 ほとんどの人にとって、ソーシャルメディアの一番の目的は人との交流です。それぞれのメディアに特徴があります。

(1)Facebook

 Facebookの「友達」は承認制になっています。投稿は、相手のタイムラインへ行くか、リストに登録して読むこともできますが、多くの人はニュースフィードに表示されているものを読んでいると思います。

 ニュースフィードに表示されるのは、「友達」かフォローしている人の投稿です。Facebookでは、承認した「友達」あるいはフォローしている人の投稿を主に見ることになります。

(2)Twitter

 Twitterではフォローしている人のツイートがタイムラインに流れます。リストに登録して読んでいる人もいます。

 Twitterでは相手の承認なしで、一方的にツイートを読むことが一般的です。

(3)LINE

 LINEは登録してある人とだけの交流です。限られたグループ内の交流となります。

2.連絡

(1)Facebook

 Facebookの連絡の手段としては、メッセージがあります。交流のない人宛てのメッセージはその他フォルダーに入れられ見られないことがあります。

 Facebookのメッセージは、交流のある人との連絡手段ととらえることができます。

(2)Twitter

 Twitterには相互にフォローしている人だけが使えるダイレクトメッセージがありますが、相手のアカウントを指定してツイートすることもできます。

 アカウントを指定してのツイートは誰に対して送ることもできます。自分のアカウントが指定されたツイートは、たいていの人は読んでいると思います。

 有名人にアカウントを指定したツイートをしても、読んでもらえる可能性が高いといえます。ただし、変なツイートはブロックされる可能性も高くなります。

(3)LINE

 LINEは閉じられたグループ内のやり取りのため、通常の交流と連絡と区別なく行われていると考えられます。

3.情報提供・収集

(1)Facebook

 Facebookにおける情報提供や収集は、主に「友達」とフォロー・フォロワーの範囲になります。「友達」とフォローしている人の提供する情報を入手し、「友達」とフォロワーに情報を提供することになります。

 検索して情報を探すことができないため、「友達」かフォローしている人が提供している情報だけを得ることができます。最近ハッシュタグもサポートされていますが、使う人も少なく、使い方については手探り状態です。

(2)Twitter

 Twitterでは、検索により情報を探すことができます。ハッシュタグもよく使われ、必要な情報を探す時に役に立ちます。そこがFacebookとの大きな違いになります。

(3)LINE

 LINEでは、内輪の仲間内だけの情報のやりとりになります。

4.情報の拡散

(1)Facebook

 Facebookは「友達」を中心としたツールです。「友達」が「いいね!」やシェアをしてくれることにより、情報の拡散が行われます。

(2)Twitter

 Twitterは垣根のない開かれたツールとなっています。リツイートされることにより、爆発的に拡散していく場合があります。

(3)LINE

 閉鎖的な内輪向けのツールです。LINEによる情報の拡散はありません。

まとめ

 ソーシャルメディアを使う目的は、人との交流・連絡と情報の提供・収集にまとめることができます。それぞれの特徴を活かしながら使うことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ