Kindle出版のテスト方法

 AmazonのKindleストアでは、誰でも無料で電子書籍を登録し、販売できます。そのためには、電子書籍を所定のデータ形式にしなければなりません。

 Kindle出版するときにはテストが欠かせません。通常の紙の本を出版するときに行う誤字、脱字のチェックや用語の統一などの他に、そもそも読めるかというチェックが必要です。

 チェックのためにKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)から、プレビューツールが提供されていますが、現在のところ使い物にならないと言っていいと思います。きちんと実機で表示されてもプレビューツールではエラーで動かない場合もあります。逆にプレビューツールで一応表示されても実機にはダウンロードさえできない場合もあります。

 そのため、Kindle出版の前には実機でのテストが欠かせません。実機でのテストは、プレビューツールで生成したmobi形式のファイルを実機に入れて確認します。

1.Kindle Paperwhite

 Kindle PaperwhiteをUSBケーブルでパソコンに接続し、「documents」フォルダにmobi形式のファイルをコピーします。

2.AndroidのKindleアプリ

 Android端末をUSBケーブルでパソコンに接続し、「kindle」フォルダにmobi形式のファイルをコピーします。

3.iOSのKindleアプリ

(1)iOS端末をUSBケーブルでパソコンに接続し、iTunesでiOS端末を選択します。

(2)「App」タブの「ファイル共有」からKindleアプリを選択します。

(3)「追加」からmobi形式のファイルを指定します。

ファイル共有

まとめ

 最低限、この3種類を確認する必要があります。特にKindle Paperwhiteでは、モノクロでの画像の表示を確認します。

 しかし、これでも完全ではありません。表紙の確認とダウンロードの確認ができません。

 実際、私も画像ファイルの名称に日本語を使っていたため、iOSのKindleアプリでダウンロードエラーになることを経験しています。Kindle PaperwhiteやAndroidのKindleアプリでは問題なくダウンロードでき、読むことができてもです。

 また、メタタグがないと、iOSのKindleアプリだけでダウンロードエラーになることも報告されています。

 最終的には、発売開始後すぐに自分で購入し、上記の3つの機種でダウンロードできて、きちんと表示されることを確認することが、現時点での現実的方法です。本の紹介や出版の告知は、この確認がすんでから行うべきです。

 そうしないと、せっかく買ってくれた人が、ダウンロードさえできずに読めないということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ