ガラケーの逆襲に思うこと

携帯電話

 最近、ガラケーの人気が盛り返してきているそうです。その理由について考えてみます。考えられる理由は次の通りです。

1.安い

 通話とメールしか使わない人には安くなります。料金の逆転は、iモードをどれだけ使うかによります。iモードよりは、スマホのアプリの方が好まれると思いますので、iモードのヘビーユーザーはスマホに移ります。結局、ガラケーを使う人は、通話とメールだけしか使わない人になります。

2.操作が簡単

 通話とメールしか使わないならば、ガラケーの方が使いやすくなります。特にスマホの通話は、意図せずに発信することがあります。

3.見ずに操作できる

 ガラケーは物理的なキーのため、目で見て確認せずに操作することができます。以前、大学入試の会場でガラケーを操作して、インターネット掲示板に解答を問い合わせる事件がありました。目で見ずに操作できると、そんなことも可能になります。

まとめ

 通話とメールしか使わない人にとっては、安くて、操作が簡単だからガラケーがいいということになります。目で見ずに操作する人はあまりいないでしょう。

 ガラケーの人気が盛り返したといっても、iモードの利用者が盛り返すことにはなりません。iモードは間違いなくじり貧になっていきます。ドコモが最も怖れていることです。

 iモードが使われなくなったとき、ドコモはガラケーの発売を継続するでしょうか?どこかで打ち切ると思います。過去にはキャプテンシステムというものもありましたが、2002年にサービスを停止しています。

 ガラケーは、iモードのサービス停止とともに発売を停止し、それ以降はスマホの廉価版が代わりになるというのが、私の予想です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ