スマートフォンの見直し

 現在、iPhone 3GSとドコモポータブル無線ルータを使っています。ドコモポータブル無線ルータを使っている理由は、よく行くところにソフトバンクの電波が入らないところがあり、そこでiPhoneを使うためです。

 この夏にドコモからテザリング可能なスマートフォンが発売されたとき、ドコモスマートフォンでテザリングを行えば、iPhoneとドコモポータブル無線ルータと同等のことができることに気がつきました。

1.ちょうどiPhoneの2年間の月月割が2011年9月で終了する

2.iPhoneからドコモのスマートフォンに変更するとMNPで割引率が大きくなる

3.iPhoneは無線LAN環境であれば電話とSMS/MMS以外は今までどおり使える

4.ドコモスマートフォンのテザリング機能は、電池の持ちが悪いため、ドコモは積極的に推奨していないが、年に100時間程度しか使わず、AC電源のあるところでしか使わないため、電池に悪い影響があるがAC電源につないだまま使うこともできる。

5.テザリング使用時の料金が高くなるが、使う時期が限られるため、iPhoneとドコモポータブル無線ルータの2回線分を年間を通して払うよりは安い。

 ところが、ゴールデンウィークまでまったくソフトバンクの電波が入らなかった場所にこの夏行ったところ、しっかりと電波が入りました。ソフトバンクに電波が入らないことを連絡し、その後、改善したとメールが来た後も変わらなかったため、あきらめていたところでした。

 ドコモポータブル無線ルータを使う理由がなくなったのですが、実は、ノートPCも無線LANで接続でき、私はiPhoneとノートPC、妻はノートPCで自宅にいるときと同じようにインターネットにアクセスでき、非常に快適だったのです。

 この秋に iPhone 5 の発売がうわさされています。私はドコモのスマートフォンよりは、iPhoneに、その圧倒的な量のiPhoneアプリのため、魅力を感じます。

 ドコモスマートフォンのうりであるおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信には魅力を感じません。Edy、Suica、pasmo、QUICPayの電子マネーをすでにカードで持っており、オートチャージに対応しているものもあります。おサイフケータイよりリスク分散されています。テレビは録画したものを見るだけですので、ワンセグを見ることはありません。赤外線通信は便利だとは思いますが、それほど使用頻度は高くありません。

 ドコモスマートフォンに魅力を感じるとしたら、ATOKが自由に使える点とFlashを使用したサイトが見られる点です。どちらもAppleは制限しています。

 現在、次の3つの選択枝を考えています。

1.iPhone 3GS を iPhone 5 に変更する。ドコモポータブル無線ルータは使い続ける。

 スペックアップと、また2年間の月月割があることを期待できる。

2.そのまま iPhone 3GS とドコモポータブル無線ルータを使い続ける。

 月月割が終了するため、通信費用はアップする。

3.iPhone からドコモスマートフォンにMNPする

 3はなくなったかなと思いますが、iPhone 5 のスペックと販売時の各種割引内容で決めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ