パソコンの利用率が高く、スマホが低いことは憂うべきことか?

モバイル

海外のネット接続はモバイル中心になっていますが、日本はモバイルからの接続が少なく、パソコンからの接続が多いことがわかりました。

日本はPC利用が中心の国であることが判明/各国で変わるメディア消費【カンタ―・ジャパン調査】:MarkeZine(マーケジン)

日本は、パソコンを買う豊かさと、フィーチャーフォンが根強く浸透していた文化があったことで、シフトのスピードが遅く、まだまだパソコン利用が中心のスマートフォン後進国ともいえる。ただ、日本でも、若年層を中心にスマートフォンへのシフトは速度を上げており、2015年にスマートフォンの利用率が日本でも急激に伸びた。

出典:MarkeZine(マーケジン)

豊かな人がパソコンを買うのでしょうか?

違います。豊かであっても、スマホで用事が済む人はパソコンを買いません。パソコンを買う人は、スマホでは使いにくい用途をパソコンに見出している人です。

逆に、豊かでないためにスマホを買う余裕がなく、昔買ったパソコンを使い続ける人はいるかもしれません。

フィーチャーフォンが浸透していたから、パソコンを使うのでしょうか?

これも違います。フィーチャーフォンの浸透は、スマホ普及の遅れの理由にはなりますが、パソコンを使う理由にはなりません。

日本で、パソコンでネット接続される率が高いのは、豊かであるためでも、フィーチャーフォンが普及していたためでもありません。

パソコンを使う人が多いためです。

なぜ、パソコンを使う人が多いのでしょうか?

キーボードがついているためです。

大量の文字の入力にはキーボードがないと不便です。パソコンを持っている人は、たいていスマホも持っています。

文字を大量に入力するときはパソコン、YouTubeやメールやWebサイトを見るときはスマホと使い分けています。

若年層を中心にスマホへのシフトが進んでいることは、若年層はパソコンを持っていないことを示しています。

文字の入力をあまりしないため、スマホで済ませられるためです。

すなわち、若年層はアウトプットをあまりせず、インプットだけをやる傾向にあります。

これは憂うべきことです。喜ばしいことではありません。

若年層はインプット過多になり、アウトプット不足になっています。

アウトプットしない情報は意味がありません。アウトプットして初めて、インプットの意味があります。

パソコンの利用率が高いことは喜ばしいことです。

逆に、特に若年層でパソコンの利用率が低いことは憂うべきことです。

【関連記事】

なぜアウトプットが重要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ