習慣力をつける方法

 英会話を身につけようとか、ダイエットしようとか、変わろうと思ってもなかなか変われないものです。理性的に考えただけでは変われません。感情のような本能的なものに働きかけることが必要です。

 変わるための方法については、以前、ブログに書きました。

これで確実に変われます!『スイッチ!「変われない」を変える方法』

 この記事でも、変わるための方法の一つに習慣化を上げています。しかし、習慣化といっても、習慣化することが、難しいということがあります。

 習慣化のためには、3つの要素が必要です。「知識」と「スキル」と「動機」です。

 「知識」は、「何をするか」また「なぜそれをするか」をきちんと理解することです。英会話を身につけるためには、音読やシャドウイングからはじめるべきです。ダイエットをするためには、栄養のバランスを取りながら、摂取カロリーを落として、適度な運動をすることです。このような、知っている人には、当たり前のことをきちんと知り、理解していなければなりません。

 ちまたには、英語を聞き流すだけで英会話が身につくとか、何かだけを食べれば(あるいは何かを摂らなければ)痩せるといった俗論が満ちあふれています。その中から、何が正しいかを自分で判断し、見極めなければいけません。

 「スキル」は、どうやってそれをするかです。英会話であれば、音読やシャドウイングをどうやるかです。ダイエットであれば、どういうものをどのように料理するかとか、どういう運動をするかということになります。

 「スキル」に関する情報は、書籍で得られます。「スキル」に関する情報は、「知識」と組み合わせて提供されています。

 「動機」は、それを実行したいという気持ちです。それを実行するという意志といってもいいかもしれません。

 習慣化のためには、「知識」と「スキル」と「動機」が不可欠なものです。「知識」と「スキル」と「動機」があれば、それをすぐに習慣にできる人もいます。しかし、多くの人はそれだけでは、なかなか習慣にできません。

 習慣にするコツがあります。

1.小さなことからはじめる

 いきなり英会話を毎日3時間やろうとしても、普通は無理です。日曜日に30分づつやるところからはじめるとか、少しづつはじめることです。特に運動は、いきなり激しい運動を行うと、ケガをすることにもなりかねません。

2.記録をとる

 やったことを記録するようにします。これは、励みになります。後から記録を見て、こんなにやったんだという気持ちになります。

 記録は紙に書いてもよいですが、Excelなどを使って電子的に記録すると、場所も取らずアクセスも簡単になります。また、iPhoneなどのスマートフォンでもいろいろな記録用のアプリがリリースされています。

3.一緒にやる人を見つける

 一緒にやる人を見つけて、お互いに何をしたか、どこまでいったかなどを連絡しあうと励みになります。FacebookやTwitterやブログなどで、顔を合わせなくても容易に連絡しあえる世の中になっています。また、このようなSNSで仲間が見つかることもあります。

4.計画を立て、定期的に振り返る

 記録をとることを更に進めると、計画を立てて、定期的に振り返ることになります。計画が達成できなかった場合は、原因を分析し、対策を立てることもできます。計画をたてるためのアプリもいろいろあります。このようなアプリを使うことが面白くて、計画や振り返りを行うことにもなります。

 ここまで行うと習慣化は完全にできたといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ