問題解決のための7つのステップ

 あなたの職場や家庭には、たくさんの問題が転がっているのではないでしょうか。それらの問題をそのままにしておく人と、解決しようとする人とでは、人生が大きく変わってきます。

 職場では、問題を解決する人は、重宝されます。問題解決に従って、キャリアもあがっていきます。家庭では、問題解決は、生活をより快適にしていきます。

 問題解決志向となることで、あなたのキャリアも生活もプラスの方向に変わります。ここでは、問題をうまく解決するための7つのステップを紹介します。

1.問題を定義する

 問題が何なのかはっきりさせます。事実をきちんと把握します。事実と推測とは区別することが大切です。

2.問題の原因を洗い出す

 問題がなぜ起こったのか、どのように起こったのか、原因となる可能性のあるものをすべて洗い出します。

3.解決策のリストアップ

 思いつく限りの解決策をリストアップします。ブレーンストーミングが有効です。

4.意志決定する

 どの解決策を採用するか決定します。

5.役割分担する

 誰が、何をするかを決めます。あわせて、どこまでやるかという基準も決めます。

6.スケジュールを決める

 解決策を、いつ、どのような順序で実行するか、スケジュールを決めます。

7.実行する

 解決策を実行します。

まとめ

要は、問題がないか常に気を配り、問題を見つけたら、速やかに解決する方法を考え、実行することです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ