人間関係を築く6つの原則

 人間関係は複雑ですが、良い関係を築くための原則は、それほど多くはありません。

1.信頼される

人間関係は、信頼がなければ成り立ちません。約束は必ず守りましょう。守れない約束をしてはいけません。ウソやごまかしはやめましょう。その場を切り抜けられても、後から化けの皮がはがれます。小さなウソでも、そのつじつまを合わせるために、ウソが積み重なり、身動きがとれなくなります。

2.感謝する

 他の人が、あなたのために何かしてくれたなら、どんなささいなことでも感謝しましょう。感謝することにより、前向きの気分になれます。相手は、気をよくし、良い影響があなたにも返ってきます。

3.敬意を示す

人に敬意を示せば、その人は自分が価値ある重要な存在だと思うようになります。その人もあなたに敬意を示すようになります。敬意が人間関係の質を高めます。

4.理解する

 相手について深く考えましょう。相手を理解し、自分の言葉で相手の考えを説明し、相手に間違いないか確認しましょう。批判や非難、不満の言葉は、お互いの理解の役にはたちません。

5.助ける

 相手が困っていれば助けましょう。特に、身近な人の助けになりましょう。いつも気にかけ、お互いに助け合おうと気持ちが大切です。

6.コミュニケーションをたくさんとる

 あなたが誰かとのコミュニケーションに時間をかけることは、それを重視していることを示します。相手もあなたとの関係を重視するようになります。

まとめ

 人生で大切なことは、人と健全な関係を安定的に築くことです。それが、あなたに幸福感を与えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ