問題は見つけて、解決するものです

早咲き桜

 組織やプロジェクトに問題がないということは、ありません。その対応方法には3種類あります。

1.問題から逃げる

 問題があっても、それを見ないようにします。問題は、あり得ないものだとします。東京電力福島原発における津波や全電源喪失に対する考え方です。

2.問題を解決する

 問題を見つけたら、解決します。ごく一般的な考え方です。通常の組織やプロジェクトでの問題への対応方法です。

 問題の解決方法に、差が出る場合があります。表面的な対策だけですます場合と、根本的な原因を見つけ、対策をとる場合です。「なぜ」を何回も繰り返して、根本原因を見つけ出す手法が有名です。

 「なぜ」の回数が議論になる場合がありますが、見つけた原因をなくせば問題を根本的に解決できるかどうかが、「なぜ」を必要なところまで繰り返したかどうかの判断基準になります。

3.問題を見つける

 一見、問題がない状況でも、問題がないか常にアンテナを広げ、見つけ出そうという態度です。見つけたら、その根本原因を分析し、解決します。常に問題がないはずがないという態度で、改善できるところを探します。

まとめ

 問題から逃げる組織は話になりません。一見、問題がなさそうに見えても、問題を見つけ出し解決するという態度が、発展する組織やプロジェクトの特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ