ストレスの状況別軽減方法

夜空に光る

 世の中には、さまざまなストレスがあります。その中でも、仕事に伴うストレスを感じる方は多いのではないでしょうか。ここでは、私が見聞きしたことのあるストレス状況において、少しでもストレスを軽減する方法を紹介します。

1.ミスしてはならないストレス

 大規模コンピュータシステムでは、数百万行のプログラムの1文字を間違えただけでも大きな障害となる場合があります。旧システムから新システムへの移行作業などでは、ちょっとした見落としやタイプミスなどが、大きな問題となることもあります。このような間違えてはならないときのプレッシャーは、大きなストレスとなります。

 このタイプのストレス軽減には、可能な限りの安全策を取ることです。十分な事前確認と複数人によるチェックが一般的です。

 機械的チェックが可能なことは機械にやらせますが、最終的には人間がチェックしなければならない項目が残ります。そのような項目は、複数人でチェックすることが基本です。チェックリストを作成し、チェックリストそのものにもれや間違いがないかを複数人でチェックします。

 実際の作業時もチェックリストを使いながら、作業する人とチェックする人に分かれ、一項目ずつチェックしながらすすめます。すると責任も分散された気分にもなり、ストレスが和らぎます。

2.人間関係のストレス

 重要顧客から人格を否定されるような罵声を浴びせられるような場合です。場合によっては、灰皿やボールペンなどが飛んでくることもあります。こちらのミスが原因のときは、謝罪するしかなく、非常に大きなストレスとなります。

 このようなときは、相手の怒りが静まるのを待ってから、アサーティブに対応することです。ミスがあったならば、リカバリー方法だけでなく、ミスの原因を分析し、再発防止策も報告するなど、理性的に対応します。

 人間関係や他人の気になる行動などによるストレスは、アサーティブに対応することで軽減できます。相手を変えようとしても無駄です。卑屈になる必要もありません。客観的かつ理性的な立場から対応策を考えます。

3.組織的なストレス

 実現不可能な予算を押しつけられたような場合です。上層部からは、予算の必達を命じられながらも、どうやっても達成できそうにないときです。

 実際に不可能であるならば、あきらめるしかありません。しかし、幸運が転がり込んでくることもあります。不可能に見えるだけの可能性もあります。できることを考え試してみることです。

まとめ

 ここに書いたようなことまでいかなくても、ミスを指摘されたり、責任ある立場になったりすることなどが、ストレスと感じる人もいます。仕事が変わったり、結婚したりという環境の変化をストレスと感じる人もいます。ストレスと感じるかどうかは、考え方の問題です。

 完璧を求めず、失敗を受け入れることができれば、小さなことにはストレスを感じなくなります。あるがままを受け入れる鈍感さが必要です。暴飲暴食、喫煙、ギャンブルなどで解消を図る人もいますが、健康を害します。運動や音楽が健康を害さずに、ストレスを発散する方法です。運動をして、疲れてよく眠ることが一番のストレス解消法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ