20代から50代まで体重も体形も変えない私の方法

ウェブマーケッター

無理なダイエットがやり玉にあがっています。高いお金をとり、食事制限と運動で体重が減り体形も変わりますが、すぐにリバウンドします。

高いお金を払った人は、元をとろうと頑張ります。そのため、たいていの人は一時的に体重を落とすことには成功します。

しかし、食事制限も運動もかなりつらいものです。とても続けられません。

そのため、ほとんどの人がリバウンドします。リバウンドすることが分かっているにもかかわらず、高い金をとることには、職業倫理上の問題を感じます。

ダイエットをしようとする人は、その方法を一生続けられるか考えなければなりません。一生続けられない方法でダイエットをしてもリバウンドします。当たり前のことです。

ダイエットの原理は簡単です。何も食べなければ体重は減ります。ところが、何も食べなければ死んでしまいます。必要な栄養とカロリーをとらなければなりません。栄養が不十分では身体を壊し病気になります。

炭水化物をゼロにするダイエットがはやっています。体重を減らすことには効果がありますが、やっている人はつらそうです。とても一生続けられません。

炭水化物以外なら何をどれだけ食べても大丈夫だという誤った情報を信じ、栄養のバランスが崩れた食事で、身体を壊す人もいます。

体重を落とすことは、栄養のバランスをとりながら摂取カロリーを少なくすれば可能です。炭水化物をゼロにする必要はありません。

ダイエットには食事を見直す方が、運動するよりも効果があります。運動で消費するカロリーは、たいしたことはありません。運動をすると食欲が増すということもあります。

それでも適度な運動は身体にいいことです。体形もよくなります。

運動は適度だからいいのであって、やり過ぎは禁物です。間違ってもフルマラソン完走などを目指してはいけません。

体重の重い人にとってはランニングも危険です。膝を痛めます。ウォーキングから始めるべきです。

見事ダイエットに成功した人から、風邪をひきやすくなったと聞くことがあります。やはりダイエットするよりは、適切な体重を維持することの方が何倍も大切です。

私は、20歳から58歳の現在まで、体重も体形もほとんど変わっていません。コツは簡単です。バランスのとれた食事をとり食べ過ぎないことと適度な運動を継続することです。

野菜と果物とヨーグルトは、ほとんど毎日食べています。旅行のときなど、果物やヨーグルトがない宿泊施設もありますが、できるだけそのようなところは避けるようにしています。

運動も毎日しています。朝、起きるとストレッチ体操や腹筋運動を15分程度します。最近は、1日1万歩、歩くことを目標にしています。月に3~4回はスポーツジムでひととおりの運動をして汗を流します。

それだけで、30年以上、体重も体形も維持することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ