iPhoneからEvernoteへの情報収集方法のまとめ

 iPhoneを使って、すきま時間にインターネット上の情報を見て、最終的にEvernoteに保存するまでの流れを図でまとめました。

iPhoneからEvernote

 RSSとTwitterからの情報については、別に記事でまとめていますので、こちらを見てください。

RSSやTwitterをEvernoteに保存する一番の方法

 RSSとTwitter以外ですと、iPhoneアプリの「はてなブックマーク」や「2chまとめサイトビューア」を見ています。これらのiPhoneアプリからEvernoteに直接保存するインターフェースはありませんので、Safariを経由してEvernoteに保存することになります。

 上の図には、PCのFirefoxやGoogle Chrome等のブラウザからのルートも加えました。PCのブラウザからは、エクステンションをインストールすることにより、Evernoteにクリッピングできます。

 それぞれのソフトウェアは様々なインターフェースを持っていますが、RSSやTwitterでは気になったものをどんどんRead It Laterに入れて後で読み、ブラウザで一度開いたものは必要に応じてEvernoteに保存するという使い方が便利ではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ