ブログを書き始めた人が書きやすいテーマ

 ブログを書こうとしたときに課題となることは、「ブログを書く時間をどうひねり出すか」と「ブログに何を書くか」です。ここでは、ブログを書き始めたばかりの人が、書きやすいテーマと注意点について説明します。

1.日記

 その日に何をしたかを中心とした、いわゆる日記です。書くことがなくなることは、ありません。読んでもらえるかは、書く内容と書き方しだいだと思います。有名人でもない人の日記など読む人はいないとは、よく言われることです。

 仕事に関することを書くときは注意が必要です。多くの仕事には守秘義務が伴います。日々の仕事の内容を公にできる人は、多くはないと思います。匿名のブログだから大丈夫と考えてはいけません。匿名でもほとんどの場合、関係者が読めば気がつきます。匿名でも秘密事項をブログに書いた場合には、守秘義務違反になります。

2.本

 いわゆる書評ブログと言われるものです。しかし、内容は書評だけではなく、読後の感想、読んだ本に関するエッセイ、本を読んで思いついたこと、本を読んで考えたことなど多岐にわたります。

 書評については、以前ブログにも書きましたが『ニッポンの書評』が参考になります。つまり、書評とは、読者と作者のために書くものであり、こういう本があるから読者にも読んでもらいたいということが基本にあります。ですから、粗筋の紹介だけでもかまいませんが、読者の楽しみを奪う「ネタばれ」は許されません。きちんと読んだ上での批判はかまいませんが、誹謗中傷は許されません。

書評ブロガーに是非読んでもらいたい|『ニッポンの書評』

3.もの

 iPhone、iPad、MacintoshなどをはじめとするガジェットやWordPressなどのソフトウェア、ブログデザインに関するブログも多いです。新商品・新機能・使い方などの紹介、使ってみた感想、トラブル報告など、これから購入しようという人やトラブルで困っている人に役立つ情報ですので、よく読まれます。

4.食べ物

 お店やメニューの紹介、珍しい食べ物の紹介、食べた感想などがあります。

5.運動

 運動の内容、感想、ランニングの記録などです。

 以上、はじめてブログを書くときに書きやすいテーマについて書いてみましたが、ブログのアクセスを増やすにはひとつのテーマで統一する方が良いようです。しかし、それではネタ切れになってしまいますので、いくつかの柱となるテーマを定めている人が増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ