SNSでアプリは鬼門です

怒り

 Twitterでスパムツイートが問題になっていました。勧められるままにリンクをクリックしていき、アプリを認証すると、本人の知らないうちに、自分のアカウントからスパムツイートをされたり、知らない人をフォローさせられたりします。

 多くの人は、よく知っている信頼できる人のツイートだからと、うっかりリンクをクリックし、アプリを認証してしまったようです。

 同様のものは、過去にFacebookにもありました。アプリが勝手に友達をタグ付し、投稿してしまうものでした。タグ付されていますから、友達のタイムラインに表示されます。

 このときも、言葉巧みにリンクをクリックさせるようになっていました。しかも、アプリはGoogle Chromeの拡張機能に潜み、簡単に削除できないようになっていました。

【注意】Chrome拡張機能に潜みFacebookにタグ付き投稿を繰り返すウィルスあり

 Facebookでは、誕生日を祝ったり、占いをしたりするアプリが以前からありました。しかし、アプリは裏でどんなことをしているかわかりません。個人情報を勝手に収集しているものもあります。非常に危険なものです。

 これからも同様のアプリは手を変え品を変え出てきます。これを避けるためには、アプリを認証しないことです。TwitterもFacebookもアプリを認証しなければ実行できません。

 信頼できる人のツイートや投稿でも、その人自身も引っかかっている可能性のあることは、今回の騒動でわかったとおりです。 SNSから流れてきたアプリは絶対に認証してはいけません。

 また、アプリを認証させることも慎むべきです。アプリを実行して楽しんでもらう引き替えに、Facebookページに「いいね!」を押してもらうような手法は、既に時代遅れになったと考えるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ